まがたまのお仕事のきっかけ…Part3

「まがたま診断との出会いって・・・?」

またまた、昨日の続きです。



とりあえずその日は、 引き合った石を持ち帰るだけで、

勾玉を仕入れて仕事にするかは、 後日また話し合いましょうということに。


そして、後日延岡に伺い4人で夕食を囲みながら、 勾玉の仕事の魅力を聴かせてもらいました。


実は、僕は幼少のころから石が好きで、 山や川に遊びに行ってはよく拾ってました。


変わった形や色の石をポケットに入れたまま忘れて、 洗濯機を回した母から叱られるということが何度かありました。


それでも、僕が勾玉を仕事にするという気はなく、 あくまでも「りえちゃんがやりたいかどうか。」


お店の人もりえちゃんに 一所懸命に話をしてくださいました。


結局、「わたし、面白そうだからやりたいけん!」 というキラキラしたその瞳に「ノー」とは言えず、

りえちゃんが勾玉の仕事を始めることになったのです。




ところが、、、

(最終話につづく)

閲覧数:11回0件のコメント

関連記事

すべて表示